OCFをBluetooth meshで使う

本ブログでBluetooth mesh(以下BTmesh)を取り上げましたが、最近では、中国の家電市場などでBTmeshに注目が集まり始めています

前回の記事で紹介されていた、家電制御の標準化を目指しているOCFに関連して、BTmesh機器をOCFネットワークに参加させるための手段を調査しました。

まとめると以下のような内容になります。

OCFの想定しているIPv6通信がBTmeshでは困難なため、通信プロトコル上にOCFコマンドを乗せる形ではなく、OCFとBTmeshのネットワーク間をブリッジを介して接続したものになります。

制御対象とコマンドに関しても、OCFでは家電や操作内容に関して具体的に定義されていますが、対してBTmeshでは汎用的なモデルが中心です。そのため、制御コマンドの変換で汎用的なブリッジを作るのは難しく、現状では製品ごとに対応することになるのではないかと予想しています。

以下は社内の勉強会で使用したスライドです。

 

BTmeshに限らず、メッシュWifiなど他の通信方式でも動きがあるため、今後もIoTに活用できそうな技術の動向を注目してまいります。

 

 

 

 

 

カテゴリーIoT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.